自律神経を整えて冷え性改善!秘訣はマカの有効成分にあった

冷え性の原因にはさまざまなものが絡んでいます。

 

その中でも特に大きな関係がある、とされているのが自律神経の乱れ、といったものなのです。

 

自律神経が乱れてしまうと、冷え性に直結してしまいます。

 

もちろん冷え性以外にも妊娠しづらくなってしまう、といった様々な弊害が隠れているので注意しなければなりません。

 

こちらでは自律神経を整える方法としてマカをおすすめします。

 

マカには素晴らしい有効成分が含まれているんですよ。

 

 

■マカの有効成分「ベンジルグルコシノレート」に注目せよ

 

・ベンジルグルコシノレートは「植物性エストエロゲン」

 

植物性とは、いわゆる植物系の女性ホルモン的作用を持った成分、といったものです。

 

ベンジルグルコシノレート以外では、大豆イソフラボンが有名です。

 

女性ホルモンをサポートするような機能が期待されています。

 

そもそも自律神経の乱れですが、ホルモンバランスが大きく関わっている、といったことを知らなければなりません。

 

女性であれば、女性ホルモンが少なくなっていることで、ホルモンバランスが乱れます。

 

そして自律神経が影響を受けて、結果的に冷え性に発展してしまうのです。

 

注目して欲しいのが、マカを摂取すれば冷え性の根源である、ホルモンバランスの乱れを修復できる可能性がある、といったことです。単に血行を高めて冷え性を治すのではありません。

 

冷え性となってしまう根本に対処できるわけです。

 

 

・他の成分にも注目

 

ホルモンバランスはベンジルグルコシノレートだけで整えられるのではありません。

 

実は、他の成分も大きく関わっていることがわかっています。

 

たとえば、アミノ酸であったりミネラルといったものです。

 

マカには、アミノ酸やミネラルも大量に含んでいます。

 

それらが素晴らしい効果を発揮して、ホルモンバランスの乱れに対処してくれます。

 

冷え性で悩んでいる方は、妊娠しづらい事にもなります。

 

妊活をしている方は、マカをサプリメントで摂取して、体調を整えましょう。

 

 

■生理不順にもベンジルグルコシノレート

 

・女性ホルモン作用が良い効果を発揮する

 

ベンジルグルコシノレートの女性ホルモンをサポートする力が、整理にも強いプラスの影響を与えてくれるのです。

 

植物性エストロゲンの影響で女性ホルモンが増えたような状態になります。

 

マカを利用することでいままで狂っていた生理の周期が元通りになった、といったことも報告されています。



今月の人気記事はコチラ↓↓