心理的ストレスのED治療に効果的なマカは抗ストレス作用がある

心理的なストレスによって男性機能が弱ってしまう、といったことは非常に多いです。

 

男性は、30代以降になると、急にEDを発症してしまうことがあります。

 

その発症理由として考えられているのが、仕事です。

 

30代になると仕事上の地位も上がって責任のある部署を任せられるようになります。

 

上司と部下の間の中間管理職的な状況にもなってしまい、仕事のストレスが溜まってしまうのです。

 

そのストレスが、勃起不全の状況を作り出してしまいます。

 

なんとかしなければ、妊活ができなくなってしまいますし、男性としてのプライドもなくなってしまいます。

 

こちらでは心理的なストレスに対してマカは良い効果をもたらしてくれるのか、といったことをお話します。

 

仮にマカにストレスに対する効果があるとしたら、総合的な精力機能がある、といった事にもなるわけですが、果たして真実はいかに。

 

 

■マカには抗酸化作用がある!

 

・抗酸化作用が抗ストレスにつながってくる

 

マカには、様々な成分が多く含まれています。

 

その中でも注目して欲しいのが、ビタミンCやビタミンDといったものです。

 

直接的な抗酸化作用があるので、ストレスによって発生した酸化させる毒素などに対処してくれるのです。

 

仮にストレスがあったとしても、その影響を体に与えないようにしてくれます。

 

他にも亜鉛やセレンといった物質も抗酸化に役立ってくれます。

 

亜鉛やセレンはミネラル成分ですが、抗酸化酵素と呼ばれる大事な物質を生成してくれるのに関わっている成分です。

 

マカで効率的に体内に補給できるようになります。

 

アミノ酸にも注目しなければなりません。

 

マカにはアルギニンが含まれていますが、必須アミノ酸の一つです。

 

アルギニンを摂取することで、体の毒を排除させることが出来ます。

 

ストレスによって発生した毒を体外に排除してくれるのです。

 

 

■ストレスによる血行不良にも対抗できるマカ

 

・ストレスは血管を収縮してしまうが・・・

 

ストレスが高い方は高血圧なイメージがありませんか。

 

実はそのイメージは間違いではありません。

 

実際に、ストレスに晒されている方の血圧は高めです。

 

ストレスには、血管を収縮させてしまうような効果が実際にあるのです。

 

収縮作用に関しては、逆に拡張して対処する他ありません。

 

実は、マカには血管を拡張させる成分も含まれているのです。

 

アルギニンにビタミンEにそのような機能があるのです。

 

ストレスによって引き起こされる結果にも対処できるのがマカサプリ、といえます。



今月の人気記事はコチラ↓↓