マカと葉酸、どっちがおすすめなの?違いを徹底調査

サプリメント等に含まれている成分として注目されているのが、マカと葉酸です。

 

双方ともに妊活に役立つ成分として知られていますが、どちらのほうがおすすめなのでしょうか。

 

こちらでは、そもそもマカと葉酸にはどんな違いがあるのか、といったことを中心にお話します。

 

 

■性別による違いはあるのか

 

【世間一般のイメージ】
・マカ・・・男性向け
・葉酸・・・女性向け

 

イメージはあくまでもイメージです。

 

実際に、しっかりと調べてみると、マカも葉酸も性別に関係なくお勧めであることが分かり始めています。

 

最近では、カップルで葉酸を利用して妊活を行ったり、カップルでマカを利用して妊活を行っているケースも多いのです。

 

性別に関して、どちらを使ったほうがおすすめ、といったことはありません。

 

あくまで、イメージの違いでしかなかったのです。

 

 

■赤ちゃんの健康サポート機能が強い葉酸

 

・奇形や障害に強みを発揮する葉酸

 

葉酸には胎児の健康を高める、といった機能が期待されているのです。

 

胎児がすくすくと成長するために必要な成分でもあります。

 

そもそも、厚生労働省から「妊婦は1日あたり400マイクログラム摂取すること」が求められているほどなのです。

 

胎児には神経管閉鎖障害といったものが起こってしまう可能性があります。

 

しかし、葉酸摂取したことで、その神経管閉鎖障害のリスクが70%低減した、との研究結果もあるほどなのです。

 

葉酸には、胎児(赤ちゃん)に直接的に対処できる機能がある、と覚えておきましょう。

 

・貧血への対処も可能

 

葉酸には鉄分の生成にも大きく関わっており、貧血の予防にも大きな働きを持っています。

 

妊娠中に貧血になってしまう女性が実際に多いわけですが、葉酸であれば対処可能です。

 

 

■滋養効果が特に強いマカ

 

・ビタミン
・ミネラル
・アミノ酸

 

上記のような一般的な栄養素を大量に含んでいるのがマカです。

 

一般的な成分であれば、特に摂取する意味が無いのでは、なんて思うかもしれません。

 

しかし、それらの成分が足りなくなっていることも少なくありません。

 

ビタミンやミネラル、そしてアミノ酸が不足すると、体の機能がどんどんと低下してしまいます。

 

積極的にマカを利用して、身体の活動力を高めるべきです。

 

・妊娠促進作用あり

 

マカには黄体ホルモンの分泌をサポートする能力があります。

 

着床にも大きくかかわるので、妊娠前に摂取するとより効果が高いわけです。

 

 

■摂取のしやすさの違いあり

 

・葉酸・・・緑黄色野菜から接種可能
・マカ・・・一般的には摂取ができない

 

葉酸は緑黄色野菜に多く含まれており、食べ物からでも摂取できる特徴があります。

 

しかし、マカに関しては我々の食卓に並ぶことはありません。

 

サプリメントなどで意識して摂取する必要があるのです。

 

 

今月の人気記事はコチラ↓↓