卵子の質を上げて、冷えを改善するマカを比較!選びたいマカサプリ

妊娠をしたいのであれば、卵子の質をアップする、といったことが極めて重要になります。

 

卵子の状態が悪いままであると、なかなか妊娠ができない、といった状況になりかねません。

 

さらに身体が冷えたままだと、妊娠しづらい状況になってしまいます。

 

冷え性を改善する、といったことも不妊対策には必要なのです。

 

卵子の質を向上させたり、冷え性を改善するためにおすすめなのが『マカ』です。

 

マカサプリを利用することで、圧倒的に妊娠しやすい体質になります。

 

しかし、どのマカサプリを利用すればいいのか、といったことで頭を悩ませている方も多いのではありませんか。

 

こちらではどんなタイプのマカサプリを利用すると妊活に役立つのか、といったことをお話します。

 

マカサプリ選びの判断材料にしてもらえたら幸いです。

 

 

■マカの配合量を確認すべき!

 

・1日の摂取量が1,500ミリ以上に設定されているもの

 

100円ショップなどで販売されているサプリメントや著しく価格が安いサプリメントは、有効成分の配合量が極端に少ないものもあります。

 

マカの配合量が少なければ、有効な効果を発生してくれません。

 

せっかくの優秀な成分も少なければ、身体に良い影響をもたらしてはくれないのです。

 

マカの摂取量ですが、1日あたり1,500ミリグラムから3,000ミリグラム程度が適切とされています。

 

実際にマカの効果実験では、1日辺り1,500ミリグラムから3,000ミリグラム摂取したら効果が出た、というケースが多くなっているのです。

 

ですから、少なくても1日辺り1,500ミリグラム以上摂取できるマカサプリを選択すべきなのです。

 

ただし、過剰摂取には気をつけてください。

 

安全性は高い成分ですが、もしものことが起こらないとは限りません。

 

サプリメントの用法用量を守ることが大事です。

 

 

■マカ原末or濃縮エキス|どちらのほうがおすすめか?

 

・マカ原末がおすすめ

 

マカがどのように含まれているのか、といったことに注目してサプリメント選びをする、といったことも大切です。

 

マカ原末は、マカをそのまま粉砕して含めているのです。

 

マカに含まれている成分をそのまま利用できる、といったメリットがあるのです。

 

無駄な成分が含まてているような心配はありません。

 

濃縮エキスに関しては、必ずしもマカの有効成分が高まっているわけではありません。

 

そもそも濃縮させている時に減ってしまうような成分もあるとされているのです。

 

製造方法によっては濃縮エキスのほうが有効成分量が多くなることもありますが、濃縮エキスのほうが優れているとは言い難い状況なので、マカ原末がおすすめなのです。



今月の人気記事はコチラ↓↓