黄体機能不全を改善する生活習慣が知りたい!

妊娠率を引き下げてしまう原因として注目しなければならないのが、黄体機能不全といったものです。

 

黄体機能不全を治すためにはどうすればいいのでしょうか。

 

こちらではおすすめの生活習慣についてお話します。

 

生活習慣程度で黄体機能不全が改善するのか、といったことを思っている方もいるかもしれません。

 

しかし、高い効果があるので、悩まされている方は今日から始めてみませんか。

 

 

■体に冷えを与えないようにすること

 

・体を温めること

 

腹巻きや靴下の利用を行って下さい。

 

女性の場合は、夏であったとしても冷えを感じるケースが実際に多いのです。

 

身体が冷えを感じると、ホルモンバランスにも大きな影響を与えかねません。

 

体を温めることで、血流が回復することになります。

 

体全体に対してもプラスの作用が与えられるようになり、妊娠しやすい身体が手に入るケースも少なくありません。

 

 

・適度な運動を実施すること

 

運動にも血流を改善する作用があります。

 

定期的に運動をして、血液の流れを良くしましょう。

 

運動に関しては、基本的には有酸素運動がお勧めです。

 

例えば、ひと駅分多く歩く、といったことをしても良いですし、エレベーターを利用せずに階段を利用する、なんて対策も効果的です。

 

 

■ストレスを溜め込まない生活をすること

 

・睡眠時間を確保すること

 

睡眠時間が極端に少ない場合には、起きている間に発生したストレスを解消できません。

 

ストレスは、体に大きな負担を与えてしまいます。

 

例えば、血管を収縮させて、血の巡りを悪くしてしまうこともあるのです。

 

血の巡りが悪くなれば、冷え性が発症することもありますよね。

 

さらに、ホルモンバランスを乱す、といった黄体機能不全に直接的に関わる作用もあるのです。

 

黄体ホルモンの分泌バランスが悪化するような状況を作り出さないようにしなければなりません。

 

おすすめの睡眠時間は、7時間程度です。

 

1日あたり3時間や4時間しか寝ていない人もいるわけですが、それではストレス解消は出来ませんよ。

 

 

■食生活を変えてみよう

 

・ビタミンEを積極的に食べること

 

そもそもビタミンE事態に黄体ホルモンの分泌量を高める作用があると言われているのです。

 

ですから、食事にビタミンEを積極的に取り入れる、といった対策法がおすすめです。

 

【ビタミンEが多く含まれる食材例】
・アーモンド
・落花生
・小松菜
・ほうれん草
・アスパラガス
・かぼちゃ
・アボカド
・ひまわり油
・タマゴなど



今月の人気記事はコチラ↓↓