妊娠前にとっておきたい栄養素とは|葉酸・マカなど

妊娠前にしっかりと摂取しておきたい成分、といったものが幾つかあります。

 

摂取しておくことで、妊娠準備がしやすくなったり、妊娠しやすくなる、といった作用をもたらすこともあるのです。

 

こちらでは実際にどんな栄養素の摂取がおすすめなのか、といったことをお話します。

 

妊活中の女性は必見ですよ。

 

 

■葉酸は多めに摂取すべき

 

・妊娠前の摂取が絶対的に求められる成分

 

葉酸は、緑黄色野菜などに含まれている成分です。

 

通常では、野菜をしっかりと食べている方であれば足りています。

 

しかし、妊娠前や妊娠中には特に多くの葉酸が必要とされているのです。

 

食べているのでは間に合わないケースも有り、サプリメントなどの摂取がお勧めです。

 

葉酸の効果としては、細胞分裂のサポート、血液の増加、冷え性の改善、といったものがあります。

 

葉酸の推奨摂取量は、通常は200マイクログラムですが、妊娠中は400マイクログラムに跳ね上がります。

 

しかも妊娠初期に特に必要とされる成分なので、できれば普段からある程度は摂取しておくべきです。

 

 

■マカをサプリメントで摂取しておこう

 

・女性にも役立つマカの効果

 

マカには、特に豊富なアミノ酸が配合されています。

 

そのアミノ酸をしっかりと摂取することで、健康的な生活が送れるようになるわけです。

 

マカの効果として注目しておきたいのが、ホルモンバランスを整える、といった作用です。

 

妊活で失敗しやすい人の多くが、ホルモンバランスの乱れを経験しています。

 

ホルモンバランスの乱れがあると、卵子などにも大きな影響が与えられてしまうのです。

 

さらにマカには血行を促進させる作用のあるアルギニンも豊富に含んでいます。

 

血行が促進されると全身に栄養が送られやすくなります。

 

さらに血行を促進させる、といった嬉しい効果まで期待できるわけです。

 

 

■ビタミンEを摂取しておこう

 

・生理周期を整える作用あり

 

妊娠をするためには、妊娠期を逃さないことが大切です。

 

しかし、不妊症になっている方は生理の時期がバラバラにやってきてしまうことがあるのです。

 

そこで注目して欲しいのがビタミンEの作用です。

 

ビタミンEには、受精率を高める作用が実際にあります。

 

なんと、生理周期を整える効果が確認されているのです。

 

ビタミンEに関しては、サプリメント意外からの摂取もおすすめです。

 

ナッツ類から摂取したり、ウナギやかぼちゃ、さらにアボカドなどにも豊富に含まれています。



今月の人気記事はコチラ↓↓