40代からが大変!40代の妊娠、出産率はどれくらい?

妊娠・出産を望むカップルは多いわけですが、年齢とともに厳しさを増します。

 

妊娠出産に最も適していると言われているのが、20代です。

 

30代、そして40代になるとやはり通常の妊娠が難しくなってきます。

 

こちらでは40代での出産を望んでいるカップルに向けて、40代では妊娠・出産率はどれくらいなのか、といったことをお話します。

 

厳しい現実を見ることになるかもしれませんが、真実を知ることでまた目標へ向かって頑張ろう、といった気持ちが湧いてくることもありますよ。

 

 

■40代の自然妊娠の確率とは

 

・40歳から45歳未満まで・・・10%前後
・45歳以上・・・5%前後

 

40代の数値としてはそれほど高くない、といった印象かもしれません。

 

自然妊娠とは、一般的なセックスを行った上での妊娠を指しています。

 

タイミング療法なども入ってきますが、40代前半であれば、まだまだ妊娠ができる可能性がある、といったことになります。

 

もちろん40代前半で、10人に1人の割合でしか妊娠しないので厳しい、といった見方もできます。

 

特に45歳以上となってしまうと、パーセンテージは一気に半分まで下がってしまいます。

 

20人に1人しか自然妊娠は出来ない、といった状況なので、あまりよい傾向とはいえないかもしれません。

 

もちろん、不妊治療を受けるとしたら、自然妊娠以外のパーセンテージをチェックする必要もあります。

 

実際に体外受精で妊娠している方も少なくありません。

 

はたして、体外受精を利用すると、どの程度の確率で妊娠できるのでしょうか。

 

 

■40代の体外受精の妊娠確率とは

 

・40歳から45歳未満まで・・・8%ほど
・45歳以上・・・2%ほど

 

体外受精に関しては、自然妊娠にトライして出来なかった場合に受けるものなので、やはり体に何らかの大きな問題があると考えられます。

 

もちろん、40代なので、卵子の老化といったものが大きく関わってきます。

 

ですから、基本的に体外受精の妊娠確率は低いわけです。

 

もちろん、体外受精のチャレンジは1回しか出来ないわけではありません。

 

何回もおこなって、その結果として妊娠に至る、といった方もいるのです。

 

 

■妊娠確率を少しでも上げるためにはどうしたら良いのか?

 

・体の調子を上げること

 

40代の妊娠確率が低い、といった現実を突きつけてしまいましたが諦める必要は全くありません。

 

不妊治療はクリニックで受ける事になります。

 

一方で、自分でもできる不妊対策方法があるのです。

 

例えば、マカのサプリメントを利用する、といったことです。

 

マカのサプリメントを利用すれば、体に調子を整えることにもつながってきます。

 

高い機能を持っていることでも知られているのがマカサプリなので、不妊治療を受けつつもサプリのお世話にもなるべきです。



今月の人気記事はコチラ↓↓