何歳から高齢出産と呼ばれるのか?出産と年齢について

最近では【高齢出産】といった言葉も珍しくはなくなりました。

 

多くの女性が高齢出産に望んでいるのです。

 

しかし、高齢出産って何歳からなのでしょうか。

 

イメージとしては40歳からでしょうか。

 

それとも35歳からでしょうか。

 

こちらでは出産と年齢について詳しく解説します。

 

 

■高齢出産の年齢の定義について

 

・35歳以上での出産
・初産であること

 

二人目の出産に関しては、高齢出産といった定義は設けられていません。

 

定義として今のところ設けられているのは、初産についてのみなのです。

 

ですから、あなたが35歳以上で初めての妊娠を目指している、といった状況であれば、高齢出産を目指している、といったことになります。

 

 

・実は35歳が高齢出産と定義されたのは最近

 

1993年から35歳が高齢出産とされています。

 

それまでは、30歳以上の初産は高齢出産である、と定義されていたのです。

 

いかに今の時代に晩婚化が進んでいるのか、といったことが見えてくる話ですよね。

 

近年では、1993年より前の定義であればほとんどのケースで高齢出産、といったことになってしまいそうです。

 

 

■超高齢出産の定義について

 

高齢出産といった物以外にも、超高齢出産と言われているものもあります。

 

その定義も認められているのです。

 

 

・50歳以降の閉経後の女性が出産すること

 

事前妊娠は超高齢出産の定義には入ってきません。

 

代理出産などのようなケースが超高齢出産に該当するわけです。

 

 

■何歳くらいから妊娠はしづらくなるのか?

 

・卵子の状態の変化は33歳くらいから

 

卵子については、状態の変化、といったことが起こってくるのです。

 

ピークについては人それぞれの面もありますし、能力が低下してくるのも人それぞれです。

 

しかし、だいたい平均化すると33歳がボーダーライン、といったことが分かっているのです。

 

33歳から卵子の力は少しずつ衰え始めます。

 

40歳位になると極端に機能が落ちて妊娠しづらくなります。

 

例えば、妊娠確率といったものがあります。

 

33歳の場合は、20代の時とほぼ同じ確率で妊娠に至ることが分かっています。

 

例えば、体外受精の成功率ですが、33歳の場合は30%ほどです。

 

しかし、40歳になると、その体外受精の成功率が10%にまで減ってしまうのです。

 

 

・医学会の妊娠と年齢の考え方

 

個人差がありますが、ドクターの間では37歳から38歳くらいで妊娠しやすい体質と妊娠しにくい体質に変化する、と判断しています。

 

ですから、子供がどうしても欲しい、といった方は30代なかばまでに妊活を始めるのがお勧めですよ。



今月の人気記事はコチラ↓↓