妊活の邪魔!お酒とカフェインは控えよう!!

お酒を呑むのが好き、タバコをよく吸う、といった女性も多くなりました。

 

一昔前は、タバコやアルコールを嗜む女性は少なかったのですが、最近ではそれらの嗜好品を楽しむ例も増えてきているのです。

 

特に注意してほしいのが妊娠との関係性です。

 

アルコールを飲み過ぎていたり、タバコを吸っていたりすると、妊娠確率を引き下げてしまうことがわかっているのです。

 

こちらではアルコールやタバコが妊娠にどのような影響を与えてしまうのか、といったことをお話します。

 

 

■タバコは絶対にダメ!妊活の邪魔をする

 

・喫煙習慣が血行不良を招く
・女性ホルモンを減らしてしまう
・男性の精子の数が減る

 

タバコは百害あって一利なし、です。

 

特に悪さをしてしまうのがニコチンです。

 

タバコを吸う習慣がある人は、中毒性のある物質であるニコチンを目的としています。

 

そのニコチンが、我々の身体に大きな問題を発生させてしまうのです。

 

ニコチンの持っている作用として、血管を収縮させる、といったものがあります。

 

要は血管をすぼめてしまうわけです。

 

その結果、全身に行き渡る血液量が少なくなってしまい、冷え症を発症させてしまうのです。

 

妊娠に大敵とされているのが血行不良ですよね。

 

タバコを吸っていると、自らその状況を招いてしまいます。

 

タバコには女性ホルモンを低下させてしまう可能性もあります。

 

女性ホルモンが著しく低下してしまうと、卵子が排出されない月経を迎えてしまう可能性があります。

 

これではいくら性交渉をしたとしても妊娠できないわけです。

 

 

・男性にも問題があるタバコ

 

近年注目されているのが男性の不妊症です。

 

男性がタバコを吸ってしまうと、精子の数が減少してしまう可能性があることが分かりました。

 

精子の数が少なくなれば、それだけ妊娠確率が低くなってしまうわけです。

 

タバコは、女性だけでなく男性もやめてから妊活をすべきです。

 

 

■アルコールにも妊娠確率を下げる機能あり

 

・月経不順に陥ってしまう
・着床しなくなってしまう
・受精卵の成長不順
・男性の勃起不全(ED)

 

飲酒については絶対にしてはいけないわけではありません。

 

少量であれば体を温めるような作用もあるので、プラスになることもあるのです。

 

しかし、飲み過ぎてしまうと、妊娠確率を引き下げることになります。

 

特に注意して欲しいのが、月経不順です。

 

大量にお酒を呑む習慣がある方は、月経に問題が起こってしまい妊娠しづらくなってしまうのです。

 

着床や受精卵にも問題を抱えてしまいます。

 

男性にも悪影響があり、そもそも性交渉がしづらい状況になる可能性も考えられます。

 

アルコールを飲み過ぎて糖尿病になってEDになってしまう、といったケースも多く報告されています。



今月の人気記事はコチラ↓↓