30代、40代の妊娠率を徹底的に調べてみた!

妊娠しにくい年代といったものが実際にあります。

 

たとえば20代であれば妊娠は圧倒的にしやすいわけです。

 

しかし、最近の初婚年齢は30歳前後です。

 

ですから30代になってはじめて妊活を行うようになります。

 

問題は30代以降の妊娠率はどれくらいあるのか、といったことでしょう。

 

こちらでは、年齢と妊娠率の関係性を明らかにします。

 

30代と40代の妊娠率は高いのでしょうか。

 

それとも低いのでしょうか。

 

30歳を超えてからの妊活を考えている方には必見のテーマです。

 

 

■年齢別の自然妊娠確率

 

※公的な調査結果はないので、調査している所によって差があることを理解したうえでチェックしてもらえたら幸いです。

 

・25歳の自然妊娠確率・・・25%から30%程度
・30歳の自然妊娠確率・・・25%から30%程度
・35歳の自然妊娠確率・・・18%程度
・40歳の自然妊娠確率・・・5%程度
・45歳の自然妊娠確率・・・1%程度

 

※「卵の質向上委員会」の調査結果による

 

自然妊娠とは、不妊治療を受けずに一般的な性生活をしたうえで妊娠することを表しています。

 

ここで注目して欲しいのが、30代まではまだ妊娠できる確率が一定はある、といったことです。

 

30代後半に入ると徐々に落ち込んでいくわけですが、35歳までは自然妊娠が出来る可能性が高いです。

 

妊娠しやすい時期に集中して何度となく性行為を実施すれば、妊娠できるわけです。

 

問題は40歳前後です。

 

一気に5%まで確率が下がってしまうので、複数回の性行為を実施したとしても、そう簡単には妊娠できません。

 

自然妊娠確率から、妊娠のデットラインも見えてきています。

 

45歳になると自然妊娠確率が1%になってしまうので、この辺りが限界と考えられます。

 

もちろん、45歳であって女体外受精などを利用すれば妊娠できる可能性はありますが簡単ではありません。

 

もう少し深く年齢と妊娠率をチェックするためにも、年齢別の流産発生確率を確認してみましょう。

 

 

■年齢別の流産発生確率がこれだ!

 

・25歳・・・10%程度
・30歳・・・10%程度
・35歳・・・25%程度
・40歳・・・40%程度
・45歳・・・50%程度

 

30歳までは、妊娠確率はかなり低い事がわかります。

 

ただ、気をつけて欲しいのが35歳です。

 

急に4人に1人の割合で流産が発生してしまう状態になるのです。

 

40歳では更に増え、45歳にもなると、2人に1人の割合となってしまいます。

 

高齢出産になると、せっかく妊娠したにもかかわらず赤ちゃんを生むことができなくなる確率が高まります。

 

30代前半までに妊活をしておくべき、といった結果がはっきりと示されました。

 

現状で30代前半の方でお子さんがほしいと思っているなら、すぐにでも妊活を開始すべきです。

 

 

今月の人気記事はコチラ↓↓