妊娠しやすい体質作り|体をあたためる食べ物が知りたい

妊娠できないことに悩んでいるカップルが増えています。

 

初婚年齢が高くなるにつれ、不妊で悩んでしまうカップルが増えている事実もあるわけです。

 

不妊に大きく関わっているのが冷え症です。

 

冷え症の症状が続いてしまうと、どうしても妊娠確率が下がってしまいます。

 

そもそも、身体が冷えると正常な機能を働かせにくくなってしまいます。

 

ホルモンバランスを乱してしまいかねません。

 

こちらでは、食べ物から冷え性を改善する方法についてお話します。

 

どんな食べ物を食べれば冷え症になりにくいのでしょうか。

 

 

■体を温めてくれる野菜

 

・生姜
・かぼちゃ
・人参
・ネギ

 

野菜はカロリーも低く、豊富なビタミンを含んでいるので健康にも欠かせません。

 

毎食食べたとしても問題になりにくいわけです。

 

そんな野菜にも、身体を温める作用があります。

 

すべての野菜が体を温めるのではなく、幾つかの特徴があります。

 

その一つに、地面の下にできるもの、といったものがあります。

 

要は、土の中に出来る野菜は体を温めてくれる機能があるわけです。

 

地面の上にできる野菜。

 

たとえば、レタスやナス、さらにほうれん草やトマトについては、逆に体を冷やす作用がある野菜なので、気をつけてください。

 

夏は体を冷やす野菜も良いかもしれませんが、冬に摂取するのは控えるべきです。

 

 

■体を温めてくれる調味料にも注目しよう!

 

・味噌
・醤油
・唐辛子
・ラー油
・黒糖
・塩など

 

料理をするときに使う調味料に関しても、身体を温めてくれるものもあれば、冷やしてしまうものもあるわけです。

 

体を温める作用のある調味料の一つの特徴に発酵している、といったものがあります。

 

醤油や味噌などが発行させている調味料ですよね。

 

さらに唐辛子のように辛い調味料に関しても、身体を温めてくれる機能があります。

 

逆に体を冷やしてしまう調味料もあります。

 

たとえば、白砂糖やマヨネーズ、さらにドレッシングといったものです。

 

注目して欲しいのが、黒糖は身体を暖めるのに白砂糖は体を冷やしてしまう、といったものです。

 

料理で砂糖を使う場合には、なるべく黒砂糖を利用してみる、といった冷え性対策も考えてみましょう。

 

 

■身体を温めてくれるお肉とは?

 

・ラム肉
・鹿肉
・牛肉
・鶏肉

 

基本的に赤身の肉は体を温めてくれる作用があるとされています。

 

注目なのがラム肉です。

 

羊の肉は特に古来より寒い地方で食べられてきた習慣があります。

 

昔の人は、ラム肉が体を温めてくれることに気づいていたのかもしれません。



今月の人気記事はコチラ↓↓