マカでホルモンバランスを整えて卵巣機能改善!不妊対策にはこれ!

卵巣機能ですが、年齢が高くなるごとに衰えてしまうことが分かっています。

 

ですから、年々妊娠がしづらい状況になっていくのです。

 

若いと気に妊活をしていくことが、妊娠の特効薬、ともいわれています。

 

しかし、40代前後になってもお子さんがほしい、と願う方は多いです。

 

そこで卵巣機能を改善させる、といったことを考えなければなりません。

 

卵巣機能の改善を狙える成分として注目されているのが「マカ」です。

 

マカには実際に卵巣にどのような影響を与えてくれるのでしょうか。

 

徹底的に調べてみました。

 

 

■卵巣に直接影響をあたえるのではない!

 

・ホルモンバランスの改善作用が卵巣に効果的

 

マカの根本の機能として注目して欲しいのが、ホルモンバランスを整えてくれる、といったものです。

 

脳に作用をしてくれるので、ホルモンの分泌量などを調節してくれるような機能が期待できるのです。

 

女性の場合は、極端に女性ホルモンが減っているようなケースも考えられます。

 

その結果、ホルモンバランスや自律神経が乱れることになってしまいます。

 

ホルモンバランスや自律神経の乱れは、直接卵巣に大きな影響を与えてしまうのです。

 

そこでマカの調節機能が関わってきます。

 

マカがホルモンバランスを整えてくれるので、自律神経にも良い影響が出てきます。

 

さらに卵巣にも良い結果が現れるようになるのです。

 

 

■効果はすぐには現れない

 

・数ヶ月は様子を見よう

 

マカはサプリメントでもあるので、飲んですぐに効果が現れる、といったことは考えにくいです。

 

1ヶ月から2ヶ月は様子を見てください。

 

また、体質が変わるまでには最低3ヶ月はかかる、といった話もあるのも事実です。

 

ですから、少なくても3ヶ月ほどは飲み続けて、その後に妊活に入る、といったことがおすすめです。

 

ホルモンバランスを調節する、といったことは簡単なものではありません。

 

それなりの時間はかかる、といったことはしっかりと把握しておきましょう。

 

 

■マカを飲んでも卵巣機能が向上しなかったらどうする?

 

・ストレスを解消しよう

 

ホルモンバランスに影響を与えているのは加齢だけではありません。

 

ストレスといったものも大きく関わっているのです。

 

ストレスが高まり過ぎていると、ホルモンバランスを乱してしまい、結果的に卵巣機能が低下します。

 

ストレスの解消方法としては、1日あたり6時間から7時間の適切な睡眠をとること、さらに体を動かすこと、などがあります。

 

翌日までストレスを持ち込まないように気をつけてくださいね。



今月の人気記事はコチラ↓↓